和の結婚式

神前式

花嫁の衣装には決まり事

和婚ではたくさんの決まりごとがあります。まず衣装ですが、花嫁衣装には打掛と振袖があります。最近はあまり見かけませんが、打掛というものは掛下と呼ばれるものの上に羽織って着るものになっています。豪華な唐織や刺繍がされているものが多いです。振袖は成人式などに多くの方が来ているものです。時代とともに色味や柄ゆきが変わってきていますが古典的なものもまだまだ残っています。そのほかには神前結婚式を希望する方のほとんどが着る白無垢は挙式でしか着ることができないのです。和婚で披露宴に出るときには色掛下に掛け替えます。白無垢は挙式の時だけに着るもので、純白の衣装は汚れがない心で嫁ぐという意味があります。ほかにも、和婚にはさまざまな決まりごとがあり、玉串拝礼の作法などもあります。神社にお参りをするときには作法に従って行うことをお勧めします。神様にご無礼がないようにすることで、和婚を気持ちよく挙げることができます。このような和婚が挙げられる式場は、主に寺や神社が挙げられます。有名な寺や神社でも和婚が挙げられるため、好きな場所があれば挙式ができるかホームページなどで確認しておくと良いでしょう。通常は挙式から披露宴まで式場内で行なわれるのが一般的ですが、和婚の場合は料亭や別の式場を借りて披露宴を行うことがあります。最近では、ブライダル会社が和婚と洋式の挙式プランを提案している所もあります。そのため、教会やチャペルでも式を挙げたいと悩んでいるのであれば、ブライダル会社に相談しても良いでしょう。最適なプランを提案してくれます。